ピコレーザーを使って恵比寿のクリニックでシミ治療しました

診察の上でピコレーザー治療を開始することに

シミが濃くなり恵比寿の美容皮膚科クリニックへ診察の上でピコレーザー治療を開始することに治療は1年かかり大変だったがシミや肝斑の無い色白の肌へ

治療日当日に恵比寿の美容クリニックに行って予約の受付を済ませると、待合室ではなく施術の控室に案内されました。
施術室控室で施術着に着替えたら、診察室の中で待つように指示され、椅子に座って人が来るまで待ってました。
施術室にはピコレーザーがベッドの隣に置かれていて、部屋は4畳ぐらいの空間でした。
5分ぐらい座って待っていたら、施術担当の女医が入って来て、今日の治療の流れを説明してくれました。
痛み対策でシミと肝斑のある個所に、麻酔クリームを塗ってから皮膚の感覚が無くなったのを確認して、目を保護するためのゴーグルを付けるように指示されてから施術を始めました。
痛みは少ないと説明を受けていたし、さらに麻酔クリームも使ったので安心していたら、施術が始まるとチクチクと針で刺されたような痛みを感じました。

なんとなく
これまでお金かけてよかったもの【美容編】
・眉アートメイク
・インビザ(歯)
・筋トレ(ジム&トレーナー)
・定期的なピコレーザー(シミ治療)
・ウルセラ /タイタン/Venus RF (引き上げ系治療)
・全身脱毛
・決まったヘアスタイリストをもつ

— MamaKangaroo (@MariaSingapore) April 17, 2020
痛みの種類は裁縫用の針を刺しているような痛みが顔中に広がって行きました。
なんとか我慢できる痛みでしたが、無痛とはかけ離れていてかなり苦痛でした。
絶え間ないチクチクした痛みに耐えながら、約20分程度で治療が終わりました。
痛みは数分でひいて行き、施術後には化粧をしても問題ないと言われて、洗面室で化粧をして受付に行きました。
受付で肝斑と色素沈着改善に効果がある内服の処方薬を貰って、治療代金を支払って次回の1か月後の通院予約をして帰宅しました。